運用保守

お客様の「困った」「こうしたい」を解決する保守サポートサービス事例、
迅速で最適な対応・提案をするための改善策や新しいサービスをご紹介します。
運用保守
「GoToトラベルキャンペーン」に対応するTravelWINSでのシステム運用例

「GoToトラベルキャンペーン」に対応するTravel WINS Nextでのシステム運用例をご紹介します。

キャンペーンの取引イメージと条件のまとめ

 観光庁が2020.6.16に発表した「GoToトラベルキャンペーン」の取引イメージは以下のとおりです。(観光庁資料の一部抜粋)

観光庁「Go To トラベル事業の概要」より

 

 「GoToトラベルキャンペーン」は、旅行代金の半額(上限2万円/1泊あたり、上限1万円/日帰り)が

 割引になるキャンペーンです。

 

 割引のうち、約7割が【旅行代金割引】、約3割が【地域共通クーポンによる割引】という内訳になっており、

 Travel WINSにて運用するために設定する割引額は、【旅行代金割引】分となります。 

 

旅行代金割引額について

「旅行代金の半額(上限2万円/1泊あたり、上限1万円/日帰り)」の約7割(※1円未満は切り捨て)となります。

 

地域共通クーポンの金額について

「旅行代金の半額(上限2万円/1泊あたり、上限1万円/日帰り)」の約3割(※千円未満は四捨五入)となります。

 

 例)

 1.旅行代金10万円(2泊)の場合

  {(10万円÷2「上限2万円/1泊あたり」)×3÷10}の千円未満を四捨五入=1万2千円

旅行代金

旅行代金の半額が

支援額

上限40,000円/2泊金額の3割

1,000円未満

四捨五入

地域共通

クーポン金額

100,000円100,000÷2=50,000円

上限超過の為

50,000円→40,000円

40,000×3÷10=12,000円 不要12,000円

 2.旅行代金10万円(日帰り)の場合

  {(10万円÷2「上限1万円」)×3÷10}の千円未満を四捨五入=3千円

旅行代金

旅行代金の半額が

支援額

上限10,000円/日帰り金額の3割

1,000円未満

四捨五入

地域共通

クーポン金額

100,000円100,000÷2=50,000円

上限超過の為

50,000円→10,000円

10,000×3÷10=3,000円 不要3,000円

 3.旅行代金1万5千円(1泊または日帰り)の場合

  {(1万5千円÷2)×3÷10}の千円未満を四捨五入=2千円

旅行代金

旅行代金の半額が

支援額

上限20,000円/1泊

上限10,000円/日帰り

金額の3割

1,000円未満

四捨五入

地域共通

クーポン金額

15,000円15,000円÷2=7,500円 上限超過なし7,500×3÷10=2,250円

 2,250円

→2,000円

2,000円

地域共通クーポンの取り扱いについて

 地域共通クーポンは事務局が一括で発行し、委託先旅行会社に受け渡します。

 電子クーポンも予定されていますが、詳細は未発表です。(2020.7.10現在)

 

旅行代金割引分の支援金交付について

 国から事務局を通じて給付金として給付されます。詳細は未発表です。(2020.7.10現在)

 

 ※「ふっこう割」の際の手続き例(詳細に記載されていました栃木県手続きページを紹介させていただきました)

 1.割引価格で旅行者へ旅行商品を販売

 2.事務局へ下記書類を提出

   ・中間報告書

   ・執行状況シート

   ・執行状況内訳シート

   ・宿泊及び旅行実績の証明書類

 3.事務局より支援金の交付を受ける ※書類受理後30日以内

 

システム運用例(Travel WINS Next)

 ※大人1人(旅行代金100,000円)、子供1人(旅行代金80,000円)2泊3日の場合

 

 1.事前準備

        ・「GoToトラベルキャンペーン」にて旅行代金割引に使用する商品を設定します。

    →以降の説明文では「GoTo割引商品X」とします。

        ・「GoTo割引商品X」に紐付け、自動仕訳される勘定科目を設定します。

    →以降の説明文では「GoTo割引科目Y」とします。

    ・募集型企画コースの素材及び企画登録を行います。

 

        1)マスタの設定

              ①商品マスタの設定

                 「GoTo割引商品X」に該当する商品を新規登録します。

 

              ②勘定科目マスタの設定

                 「GoTo割引科目Y」に該当する勘定科目を新規登録します。

 

              ③売上仕入勘定科目設定(売上)の設定

                 「GoTo割引商品X」に紐付く勘定科目「GoTo割引科目Y」を設定します。

 

        2)コース詳細

          正規(旅行代金割引前)の販売価格にてコースを新規登録します。

        3)その他タリフ

          旅行代金割引に使用するその他タリフを新規登録します。

 

     登録例)

内外区分国内
施設区分その他
販売形態ツアー
商品名GoTo割引商品X
料金タイプ一人当たり

     ※料金PAX区分毎に登録

販売額旅行代金割引額(マイナスにて入力)
GROSS0
手数料率0.00

 

        4)コース追加手配(コース詳細画面より追加手配ボタン押下にて起動)

          旅行代金割引情報を追加手配のその他へ新規登録します。

     登録例)

自動作成チェックあり(自動で売上を作成させる場合)
追加手配区分その他
施設区分その他
予約単位カルテ
追加手配名/オプション名GoToトラベルキャンペーン割引
手配作成チェックなし
追加代金チェックあり
タリフ名GoToその他タリフ_ホテル伊豆_2泊_4万円以上

 

        5)コース詳細、ツアー作成

         その他の項目は通常販売の手順と同様に登録します。

 

 2.ツアー予約(ツアー一覧より詳細ボタン押下にて起動)

         1)通常商品(「GoToトラベルキャンペーン」以外の商品)と同様に予約受付を行います。

         2)受付完了後、1-3)のその他タリフで設定した商品名(旅行代金割引商品)・販売額(旅行代金割引額)が

           参加者毎に自動登録されます。(登録例:下の差込画面の売上仕入タブ内2行目)

 

 3.請求書発行

          1-3)のその他タリフで設定した商品名(旅行代金割引商品)・販売額(旅行代金割引額)が

          請求書に印字されます。(印字例:下の請求書明細の3、4行目)

 

 4.入金処理

          入金は請求分を全額受領金種にて処理することで、カルテ上の未収は無くなります。

        (登録例:下の差込画面の入返金タブ内1行目)

 

 5.ツアー精算~売仕締め処理/決算締め処理

          売上の旅行代金割引商品は、「GoTo割引科目Y」で仕訳されます。

 

 6.補助金申請時に対象データを抽出(2020年8月出発分を抽出する場合)

          売上/仕入CSV抽出にて、抽出条件に「出発日:20-08-01~20-08-31」「商品:GoTo割引商品X」を指定します。

売上/仕入CSV抽出
抽出したCSVファイルの内容

        抽出結果を集計し、申請資料として活用いただくことが可能です。

 

 7.会計システムにて精算

         ※会計処理について担当会計士や税理士とご確認ください。

 

       (想定される仕訳例:6/25受付日、6/26入金日、8/1出発日、9/15補助金支給通知日、9/30補助金支給日の場合

借方勘定科目

借方金額

貸方勘定科目

貸方金額

摘要

6

26

現金

124,000

前受金

124,000

※入金日(TW自動仕訳)

8

1

売掛金

180,000

売上

180,000

※出発日(TW自動仕訳)

8

1

GoTo割引科目Y

56,000

売掛金

56,000

※出発日(TW自動仕訳)

8

1

前受金

124,000

売掛金

124,000

※出発日(TW自動仕訳)

9

15

未収入金

56,000

雑収入

56,000

※支給通知日(会計側仕訳(伝票入力))

9

15

売上割引

56,000

GoTo割引科目Y

56,000

※支給通知日(会計側仕訳(伝票入力))

9

30

現金

56,000

未収入金

56,000

※支給日(会計側仕訳(伝票入力))
システム部 運用保守グループ
室岡 友弘