製品開発

Travel WINS含む弊社製品・サービスの成長やパッケージ開発・導入における
品質改善・性能向上に対する取り組みなどお客様のお役に立つタイムリーな情報をお届けします。
製品開発
Travel WINS Next インボイス制度対応機能のご紹介

インボイス制度対応機能のご紹介

2023年10月に導入される『適格請求書等保存方式』、通称インボイス制度について

現在予定しているTravel WINS Nextの対応内容をご案内します。

インボイス制度の概要について

インボイス制度の概要については、前回ご案内した下記の記事をご覧ください。

 

適格請求書(インボイス制度)とTravel WINSの対応について
 

主な改修内容のご案内

1.適格請求書発行事業者の「登録番号」を登録できるようになります。

登録番号について

「適格請求書発行事業者」の登録申請後、税務署による審査を経て、登録番号の通知及び公表が行われます。


この番号はインボイス制度に必要なため、制度開始までに

  • 取引先へ自社の「登録番号」の連絡
  • 取引先の「登録番号」の確認

を行う必要があります。

登録画面イメージ

自社の「登録番号」を登録する経理システムマスタの画面イメージです。

※経理システムマスタの画面イメージ

Travel WINS Nextでは、この画面の他、取引先(法人代理店、仕入先)の「登録番号」を登録できるように機能の追加を行います。 

 

👉新規で取引先を登録する場合、画面からの登録以外にExcelからの一括取込みも可能です。

 

2.請求書フォーマットを変更します。

「適格請求書」の記載事項

「適格請求書」に必要な記載事項に沿って、請求書フォーマットの変更を行います。
現行の「区分記載請求書」の記載事項から変更される箇所は下記赤文字の部分です。

 

引用:国税庁「適格請求書等保存方式 の概要」

 

👉Travel WINS Nextでは、軽減税率の対応として2019年9月にリリースされたバージョンで④を対応済みのため、インボイス制度対応としては①⑤を対応します。

請求書イメージ

「適格請求書」の記載事項に沿って、Travel WINS Nextの請求書を下記の通り変更します。

赤枠・吹き出しの部分が変更箇所です。

※請求書レイアウトサンプル

👉各項目の印字位置などはTravel WINS Nextの画面上から調整いただく事が可能です。

 

インボイス制度の対応帳票

Travel WINS Nextでは、請求書以外に「仕入明細書」もインボイス対応の帳票としてご用意します。
インボイス制度では、買手が作成する一定の事項が記載された仕入明細書等を保存することにより仕入税額控除の適用を受けることができるとされていますので、買手と請求書を用いずに取引するケースでも仕入税額控除が可能になります。
 

 

今後のスケジュールについて

リリースのタイミングとしては、

  • 経理システムマスタなどマスタ関連の機能を2022年12月リビジョン
  • 請求書・支払明細書など帳票の機能を2023年3月リビジョン

で予定しております。

 

より詳細な機能、運用手順のご案内はユーザー様向けに別途ご案内いたします。